メニュー

 禁 煙 外 来

 令和2年9月より「禁煙外来」をはじめます。
 禁煙外来は、喫煙をやめたい方を支援するための外来です。
 喫煙は、慢性閉塞性肺疾患、肺がん等の呼吸器病のみだけでなく、動脈硬化を基盤とするさまざまな病気の危険  因子となります。
 喫煙関連の健康被害を予防し、健康的な暮らしを目指してみてはいかがでしょうか。

 

1、保険適応の対象者について

 当院では禁煙外来を保険で受ける事ができます。

 ただし、以下の条件の全てを満たした場合のみ、保険適応となります。

  ①直ちに禁煙しようと考えていること
  ②スクーリーニングテスト(TDS※)により、ニコチン依存症と診断(TDSが5点以上)されること
  ③35歳以上の者については、ブリンクマン指数(=1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上であること
  ④禁煙治療を受けることに文書で同意すること
  ⑤過去1年以内に保険を使った禁煙外来診療を受けていないこと

・上記全てに該当しない患者さまは、自費診療となります。
・TDSをいかに示しますので、ご自身でチェックしてみてください。

下記の質問を読んで、あてはまる項目にチェックを入れてください。該当しない項目は「いいえ」とお答えください。

2、禁煙治療の流れ

 初回から12週間で計5回受診をしていただくプログラムとなります。

 〔標準的な禁煙治療のスケジュール〕

 
〔初回診療〕
   ・喫煙状況、禁煙の準備性、TDSによる評価結果の確認
   ・喫煙状況とニコチン摂取量の客観的評価と結果説明(呼気一酸化炭素濃度測定等)
   ・禁煙開始日の決定
   ・禁煙にあたっての問題点の把握とアドバイス
   ・禁煙補助薬の選択と説明

 〔再診(2回目~5回目)〕
   ・喫煙(禁煙)状況やニコチン離脱状況に関する問診
   ・喫煙状況とニコチン摂取量の客観的なモニタリングと結果説明(呼気一酸化炭素濃度測定等)
   ・禁煙継続にあたっての問題点の把握とアドバイス
   ・禁煙補助薬の選択と説明

 〔受診期間中〕
   初回診療日に「禁煙手帳」(※1)をお渡しします。
   次回診察までの「喫煙状況」「お薬の使用状況」「体重」の記録にご使用いただけます。
   また、「禁煙手帳」はLINEでもご利用いただけます。

 〔修了〕禁煙外来の終了時には、「禁煙修了証」(※2)を差し上げます。

3、禁煙補助薬

 禁煙補助薬は内服薬「チャンピックス」となります。以下のような特徴を備えています。

 〔特徴〕
  ニコチンを含まない飲み薬です。
  ニコチン切れ症状を軽くするとともに、タバコをおいしいと感じにくくさせます。
  服用期間は12週間です。(※1)
  最初の1週間は喫煙しても良く、服用8日目から禁煙してください。(※2)


  ※1 医師と相談の上、必要に応じ延長して服用することもあります。
  ※2 自然にタバコを吸わなくなった場合は、8日目を待たず早めに禁煙を開始してください。

4、診療日時とその他留意事項

 〔診療時間〕
 毎週 月曜日 16:00 ― 19:00
    火曜日 16:00 - 19:00 予約電話 TEL 0568-65-7517

  予約制となっておりますので、まずお電話にてお申込みください。その際、ご希望の日時をお伝えください。
  初回は、問診票記入等がありますので、予約時間より早めにご来院ください。
  また、上記以外のお時間をご希望の方は、ご相談ください。

 〔自費診療となる場合とは〕
  以下の条件になると、自費診療となります。
  禁煙治療保険適応の条件に当てはまらないが、同様の治療を希望される場合。
  全5回の治療を越えて、引き続き治療を希望される場合。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME